漫画家・イラストレーター☆福木とくわとは???

カフェやまと福木とくわが描くファンタジー☆スピリチュアル系の漫画)を制作している、とくわアート熊野たろうです。ご覧くださりありがとうございます!!!これから、福木とくわのあんなこと・こんなことを紹介させて頂きたいと思います。

どうぞお楽しみくださいませ~

1,福木とくわ【漫画家☆イラストレーター】とは???

まず始めに、とくわの趣味は、絵を描くこと、ゲーム・マンガ・アニメ・Vチューバーさん・声優さん・食べる事・・・。

部屋では常にヘッドホン・ブルーライトカットの眼鏡を装着し、推し?の動画や生配信を見てニヤニヤしています。

大型テレビやモニターに囲まれているのでゲームをしているのか、絵を描いているのかは全くわかりませんが、戸を開けると、かろうじて表情だけは見えます。

ニヤニヤしています。

仕事のことでとくわの部屋へ行くと、配信内容がいかにおもしろいか ということを熱弁してくれるのですがたろうには「Vチューバーさん大好き大好き!!!」と言っているようにしか聞こえません…。

仕事が進まない原因はそれだ!!!と伝えても無駄・・・

 

見ていないよ~声だけだよ~

・・・・・・

幸せそうだね~

性格は『のんびり穏やか』でしょうか・・・。弟のべんべん太郎も『のんびり大らか』な性格なので、2人が一緒にいる時は『明るい小学生』が『キャッ キャッ』と遊んでいる・・・そんなゆる~い世界が広がっております・・・。


とくわは、日常動作もゆっくりです。
例えば、大好きなピーマンを洗って切る時の様子を紹介しましょう~

 

♪♪♪~

うわぁ~こりゃ日が暮れるわぁ~

あの~もう少し早めに・・・

ん???

ムリムリ~指を怪我したら絵が描けなくなる~指は大事大事!

……

あぁ~そうな~

あったろうがやるわぁ~指…大事にしてな~

こんな感じです・・・。

でも、そんなとくわが、スマホ操作(特にリズムゲームとか)やPCのキーボードを打つ時には超高速モードになります。

カチャカチャカチャカチャ・・・・

とくわは、絵を描きすぎて指を動かせなくなることも度々あるので、たろうとしては色々と気を遣っていて(例えば重い物を持たせないとか…ペットボトルのキャップは開けてあげるなど)・・・でも本人は何のその……カチャカチャカチャカチャ……と高速連打の音を響かせ続けるのです!!!

たろうは「それ!それが痛める原因や~」と思うのですが、お楽しみの時には指の痛みを忘れるようです・・・。

あと、文章を読むスピードもめちゃくちゃ速いです。「えっ!?もう読んだん?本当にちゃんと読んだ???」という速さです。

 

のんびり屋さんが速度を上げると驚くよね~

ギャップといえば、『生配信が出来る』ということでしょうか。とくわは、『人前に出る』『人と話す』ということが超苦手で、スーパー・飲食店等のレジでも緊張して会釈がとても不自然になります。

 

あ…ありがとうございます!!!

とくわの会釈とは80度ほどの深々とした丁寧なお辞儀をすることをいいます。これ・・・結構目立つんですよね~

その他にもいろいろとありますが、特に印象深いのは、同人イベント会場での行動です。とくわの会場内での緊張は著しく、腹痛は勿論のことですが、なぜか通路の真ん中しか通らないという不可解な動きを見せます。なぜかと尋ねたことがあるのですが・・・

 

購入するとき以外に作家さんに近づくのは失礼にあたるのよ

・・・・・・

へ・・・へぇ~

正直、よくわかりません・・・。だって・・・たろう達が同人イベントに出店しているときは、作品を見ようと近くに来て下さるだけで、ふたりで大喜びしているのですから・・・

でも、確かに、とくわが購入する時にはそんな感じですね・・・。

 

1,すご~く遠目にお目当ての作品を確認する

2,購入する決心がつくまでウロウロしながらエネルギー調整

3,決心がつくと全ての力を振り絞り超ド緊張状態で全力ダッシュ!!!

4,購入できた暁には壮大な感動系ドラマを見終わったかのような大感動が~

これ・・・毎回です。とくわを見ていると、大好きなイラストレーターさん・Vチューバーさんたちは『神的存在』なのだなと思い知らされるのでした~

あとは・・・そうですね・・・

めちゃくちゃ涙もろいです!!!

アニメ・ドラマを見ると高頻度で泣いております。登場人物が涙ぐむと即号泣、「あっ泣くかも~」というシーンでは既に号泣中、「えぇ~っ!? 今の泣けるシーンあったぁ???」という話でも度々泣いていますね・・・。

見ていて飽きないです・・・

漫画制作についても少しだけ・・・

 

漫画『カフェやまと』は、たろうがコマ割を担当しています。初めての漫画制作ですし、普段、絵を描くということもありません。更にはPC操作が苦手です。

ですから、こんなたろうが『板タブレット』と『ペン』の使い方を教わっても…やっぱり無理でした。『目』と『脳』が無理って言うんです。鉛筆で描くようにPCでも絵が描ける??? 無理無理。(弟のべんべん太郎は、とくわに教わると直ぐに『ヤンキーかっぱ物語』のキャラ達を描き始めました!)

たろうは、たとえガビガビの線になろうともマウスで描くと決心し、以降、何を言われても、コマ割イラスト~作業指示のメモまでの全てをマウス様にお世話になっております。

そして、このマウス様で描いたたろうのイラストや文字を見る時のとくわの反応が、これまた、とっても面白いのです!!!

また後日、ご覧いただきたいと思っておりますが、たろうの字が汚すぎて読めないらしいのです・・・。

 

何書いてるか…わからん!!!

ん???

アレのことかな~♪それともアレかな~♪

ふふふふふふ~♪

たろうは『ふふっ』と笑いながら作業部屋へと急ぐと「あれっ???」自分でも読めないんですよね~2人で「???」となると更に楽しくなります!!!

 

そうそう、マンガでは「ふふっ」とか「ふふふっ」がよく使われていますよね。皆さんは、どう感じられましたか?実はこれ・・・とくわにとっては耐え難い表現らしくて、これを見るたびに・・・

あぁぁぁ~

うぅぅぅ~

ここだけは消して!!!

なんてことを言ってきます。でも結局、この古~い昭和感のようなものに慣れるのか・・・諦めて何も言わなくなります。こんなやり取りがまたまた楽しくて、「あっ、これ書いたらまた言ってくるなぁ~」なんてことを想像しながら制作しております。

でも、結構却下されました・・・たろうの表現は相当寒いらしいです!!!

では最後に、とくわが使ってる液晶タブレットについても紹介いたします~

2,液タブ【Wacom・Cintiq】

ここからは・・・私が説明いたします!!!

これは・・・私が実際に使用している液タブを撮影しました~

私が使っている液タブ(本体:770 x 465 x 54.5 mm)は大きくて重いので、頑丈な机を購入して設置しました。作業部屋が狭いので、液タブの右側が壁になってしまい、マウスは右側に置けなくなりました。でも、仕方なくマウスを左側に置いて使っていたところ、いつのまにか左手で持つことに慣れてしまって・・・今では、右手ではマウスが使えなくなってしまいました…w

画面サイズについてですが、私としては、このサイズがとても描きやすいです。実物の画面サイズをいろいろと見比べてから購入しました。

液タブの左にくっついてるデバイスには、ペンだったり消しゴムツールをすぐ選択できるようにショートカットキーを色々設定しております!

キーボードは置く場所がないので上にガムテープでぺぺって無理やりつけています…!w

左上に見える隠しきれない存在感ばりばりのウ〇ディ人形・・・w

正面のモニターの左側には、ゲーム・DVD用の大型テレビが置いてあるので、いつも機械に囲まれています。

【液タブ商品情報・Wacom公式サイト】

WACOM Cintiq 27QHD

https://tablet.wacom.co.jp/article/cintiq-27qhd

3,ペンタブ【Wacom・Bamboo Fun】

『べんべん』が使用中のペンタブはこちらです

べんべん!使った感想は???

簡単に使えた

うんうん♪

紙に描くみたいに描けた

うんうん♪

良かったです!!!

だそうです…

読書感想文???

【ペンタブ商品情報・Wacom公式サイト】

Wacom Bamboo Fun CTH-670

https://tablet.wacom.co.jp/products/bamboo/bamboofun/

ご参考になさってくださいませ!!!
最後までご覧くださりありがとうございました。
今後も、少しずつではありますがメンバーとの日常の様子もアップしていきたいと思っております!お楽しみに~

この記事をSNSでシェア!
カテゴリー 福木とくわブログ タグ .